DX FREEK No.98(1997年3月号)よりQSL返信状況のレポート
・山形放送 1996/12/16  918kHz受信 日本語 〒50入  1997/01/10着
  QSLカード(イラスト),       J 17 J          <B>
 宛先:〒990山形市旅籠町2丁目 山形放送技術局技術管理部
・KTWR太平洋の声 1996/12/01 9870kHz受信 日本語  1997/01/14着
  QSLカード(フィリピン海の日没),  J 29 A          <B>
 宛先:〒100−91東京中央郵便局私書箱1000号 KTWR太平洋の声
・インドネシアの声  1996/10/13  9525kHz受信 日本語 1IRC入  1997/01/23着
  QSLカード(ジャカルタの街),    A 101 A          <B>
 宛先:Voice of Indonesia, P.O.Box 1157, Jakarta, INDONESIA,
・STV札幌テレビ放送  1997/01/12 1440kHz受信 日本語 〒90入  1997/01/21着
  QSLカード(局舎),タイムテーブル,   J 8 J        <U>
 宛先:〒060−91札幌中央郵便局私書箱198号 札幌テレビ放送技術部管理課
・バチカン放送 1996/11/26 6140kHz受信 日本語 1997/01/21着 QSLカード(アンテナ),
  カレンダー,リスナーズ・ニュース,   A 51 A       <A>
 宛先:Radio Vatican, Japanese Section, 00120 VATICAN CITY,
・Radio Romania International  1996/11/20  17720kHz受信 英語  1997/01/24着
  QSL カード(局舎),年賀状,スケジュール,手紙,ポケットカレンダー,
                  A 59 A          <A>
 宛先:Radio Romania International, P.O.Box 111, Bucharest, ROMANIA,
・Radio Yugoslavia  1996/08/13  15175kHz受信 英語(フランス語) 1997/02/01着
  QSL カード(地図/リスナークラブ),スケジュール,  A 168 A  <A>
 宛先:Radio Yugoslavia, Hilandarska 2, P.O.Box 200, Beograd, YUGOSLAVIA,
・Voice of Russia 1997/01/02  7135kHz受信 日本語 1IRC入  1997/02/03着
  QSL カード(ハバロフスク),   A 28 A             <A>
 宛先:Voice of Russia, Japanese Section, Dom Radio, Room No.508,
    Lenina 4, Khabarovsk 680620, RUSSIA,

<A>等はレポート者(実際の会報では本名だがWeb公開版では英文字一文字、本名の頭文字とは限らず)
 
放送局名(国・地域名),受信日,受信周波数・ch,受信報告言語(放送言語) 返信料として同封した物
返信到着日,QSLカード(ベリの図案),同封されていた物,返信所要日数,受信報告書の宛先,
       〔参考〕SASE=返信用切手を貼って宛先を記入した封筒
     A=航空郵便  S=船便  SA=SAL  J=日本国内通常郵便

QSL(受信確認証)返信状況のレポートの一 覧に戻る
QSL REPORT No.99
QSL REPORT No.97(1997年2月号)はありません
QSL REPORT & Utility loggings No.96





楽天トラベル 海外航空券予約



100MB無料ホームページ可愛いサーバロリポップClick Here!