DX FREEK No.125よりQSL Report
・Radio Mediterranee Internationale(モロッコ) 1998/12/2  9575kHz受信
 英語(アラビア語  US1$入 1999/9/28着 QSLカード(確認文/D,T,F,P),
 礼状,番組表,ステッカー       A 300 A          <北海道/Y>
 宛先:Radio Mediterranee Internationale,3et 5,rue Emsalleh(B.P.2055),Tanger,Morocco
・台北国際放送(中華民国)1999/02/21  9610kHz受信  日本語  1999/10/21着
 QSLカード(台湾の古代結婚式/D,T,F,L),返信専門処理スタッフが加わった旨の手紙,
 ステッカー              A 241 A          <北海道/Y>
 宛先:中華民国台湾台北市北安路55号 台北国際之声 日語節目「玉山」
・BBC Asia Relay Station(タイ) 1999/03/13  17760kHz受信 英語 1IRC入  1999/11/08着
 QSLカード(送信所全景/D,T,F)      A 239 A          <北海道/Y>
 宛先:Ms.Jaruwan,P.O.Box 20,Muang,Nakhon Sawan,60000,Thailand.
・Radio Tashkent  1999/07/21  15295kHz受信 英語 1IRC入  1999/10/08着
 QSLカード(ロゴと局舎/D,T,F,B),絵ハガキ(サマルカンド),私信,クイズの案内,
 スケジュール,            A 66 A           <鳥取/A>
 宛先:Radio Tashkent, 49 Khorezm Street, Tashkent, UZBEKISTAN,
・Voice of Russia  1999/09/17   21790kHz受信 英語  1999/10/09着
 QSLカード(民芸品/D,F,L),       E 18 A           <鳥取/A>
・中国国際放送 1999/08/30   9855kHz受信 日本語 1999/10/13着 QSLカード(兵馬俑/D,F),
 手紙,切り絵(建国50周年),受信報告書用紙,  J 38 A     <鳥取/A>
 宛先:〒152-8691 東京目黒郵便局私書箱78号 中国国際放送局
・Radio Ukraine International  1999/07/28  21520kHz受信 英語(ウクライナ語) 1999/10/23着
 QSLカード(聖餠箱/D,T,F),ステッカー2,  A 84 A         <鳥取/A>
 宛先:Radio Ukraine International, Kreschatik 25, KYIV, UKRAINE,
・Radio Ukraine International  1999/08/11  21520kHz受信 英語(ウクライナ語) 1999/10/23着
 QSLカード(農村/D,T,F),ステッカー2,   A 71 A         <鳥取/A>
・Voice of America  1999/09/22  15130kHz受信 英語(ロシア語)  1999/11/05着
 QSL カード(Skier on Mammoth Mountain, California/D,T,F,S),シー ル,VOA GUIDE,   E 44 A   <鳥取/A>
・RDP Internacional(ポルトガル) 1999/09/21  11550kHz受信 英語(ポルトガル語/テトゥム語)
 1999/11/15着 QSL カード(Mundo Dito/D,T,F),スケジュール.ステッカー,
                    E 55 A           <鳥取/A>
・RKB毎日放送 1999/11/12  1278kHz受信 日本語 〒50入  1999/11/25着
 QSLカード(局舎)             J 8 J           <鳥取/A>
 宛先:〒814-8585 福岡市早良区百道浜2−3−8 RKBラジオ技術管理部



放送局名(国・地域名),受信年月日,受信周波数・ch, 受信報告言語 (放送言語/受信報告言語と違うときのみ),
返信料として同封した物,
SASE=返信用切手を貼って宛先を記入した封筒  〒50=50円切手   IRC=国際返信切手券
返信到着日,ベリ(ベリの図案/記入データ),
D=受信日付  T=受信時間  F=受信周波数  C=受信チャンネル  S=送信所・中継局名  B=メーターバンド  M=変調方式・電波型式
L=放送言語  A=放送対象地域  N=発行番号  R=受信地  P=出力・空中線電力  Y=送信機型式   H=送信所標高
X=受信状態  U=送信所経緯度   J=受信内容   Q=コールサイン  W=使用受信機  K=受信アンテナ
同封されていた物  返信所要日数および手段,
A=航空郵便  S=船便  SA=SAL  J=日本国内通常郵便  O=海外国内通常郵便  e=速達
r=書留   F=ファックス   E=電子メール   D=持参
返信所要日数の数え方
4月3日集配されるように日本国内通常郵便で投函して4月27日に航空便で返信が来たとき 27-3=24だから  J 24 A
ファックス及び電子メールは送り終わった日(例:23時59分に送信を初めて0時1分に送信が終わったときは、0時1分の日 付)
また、日付は投函・送信地点の現地時間での日付(日本国内からなら日本時間)になります。 
(自分の送った)受信報告書の宛先


QSLレポート月別リストに戻る

DX FREEK No.126よりQSL Report


以下広告







100MB無料ホームページ可愛いサーバロリポップClick Here!