受信レポート No.37より、1991年6〜7月分

・Voice of the Islamic Republic of Iran(イラン) 1991/06/16   0328-0430JST   9022kHz[33332] 英語
0328にIS、0330にThis is Tehran, the Voice of the Islmic Republic of IranとID 0333-0338はコーラン。0338からはニュースで、イラクのクルド人難民のことや、レバノン情勢、アルジェリアのイスラ ム原理主義について、0352からは解説でイラクのことが中心、0400からはViewpointsというトーク番組で歴史の話をしていたよう だった。0422に 手紙の宛先とニュースの主な項目をアナウンスして終了した。
<SONY ICF-2010+SONY AN-1>



・Sri Lanka Broadcasting Corp.(スリランカ)  1991/06/18   0600-0630JST   9720kHz[43443] 英語
0610まではリスナーの手紙を紹介する番組で、ナイジェリアなどのリスナーからの手紙を紹介していた。0610にWorld Service of Sri Lanka Broadcadsting CorporationとID。その後は男声アナによるトーク番組で、産業プロジェクトなどについて話していた。0627にIDが出て、国歌で終 了した。
<SONY ICF-2010+SONY AN-1>



・Radio Norway International(ノルウェー) 1991/07/06   1759-1830JST   25735kHz[45433] ノル ウェー語
1759にIS、1800にRadio Norway InternationalとID。1808までニュース。1808からは音楽番組。若干フェーディングが気になるが比較的良好。
<SONY ICF-2010+SONY AN-1>



・インドネシアの声(インドネシア)  1991/07/06   2040-2100JST   11785kHz[43333-32332]  日本語
番組はインドネシアの各地を訪ねてで、フローレス島の織物のことだった。送信機に問題があるようで、周波数がふらつく。
<SONY ICF-2010+SONY AN-1>



・Radiodiffusion-Television Algerinne(アルジェリア) 1991/07/10   0259-0320JST   11715kHz[32332] アラビア語
0300にHuna gazair, Idha'atu-l-jumuhuriya al-gazariyaとID。その後は女性アナのナレーションによるアルジェリア音楽の番組。モスクワ放送の混信が気になる。
<SONY ICF-2010+SONY AN-1>



・MBC大邱(韓国) 1991/07/13   1440-1500JST   810kHz[34453] 韓国語
1457までは音楽番組で韓国歌謡が4曲かかった。コマーシャルの後、1459にヨロブネテグムナパンソニムニダとID。混信は 819kHzのNHK大 分第一のサイドがわずかにある。
<SONY ICF-2010+SONY AN-1>



・Radio Nigeria(ナイジェリア) 1991/07/14   0300-0330JST   4990kHz[33343] 英語
0310まではニュースで、途中0305にThis news...Radio Nigeria, LagosとID。0310は解説のようで、ナイジェリア航空機のサウジでの事故について話していた。0317からは男性アナのナレーションによ る現地音 楽番組。
<SONY ICF-2010+SONY AN-1>
 

受信レポートのリストに戻る

No.39(1991年11月号)の受信レポート








100MB無料ホームページ可愛いサーバロリポップClick Here!