受信レポート No.69(1994年10月号)より


・Radio Liberty(アメリカ) 1994/09/28 0530-0600JST  7115kHz[43433]  ウクライナ語  0537までは男性アナによる報道番組でポーランド、ヨ一ロッパ連合、 などについて。0537からは経済関係の番組でアメリカの化学会社、多国籍企業、ウクライナの 経済のポテンシャルなどについて。0553からは文化関係のトーク。0556にウクライナ民謡がか かり、055′9にUkrainska Programma Radio SvobodaとIDが出た。
<SONY ICF-2010+SONY AN-1>



・Voice of Greece(ギリシャ) 1994/09/26 0220-0250JST 11645kHz[44333]ギリシャ語,ポーランド語
 3曲ギリシャの歌謡曲がかかった後、0239にEtho Athine…PolonikaとID。0239にTu AtenyとIDが出て、その後ポーランド語によるニュースとなり、ヨーロッパ連合のバ ルカン政策、アテネでの会議、ボスニア・ヘルツェエコビナ、パレスチナ自治、ドイツ選挙でのCDUなどにつ いて伝えていた。0244に再びギリシャの歌謡曲が二曲かかって、0249に終了アナウンスがあっ て0250にSign off。
<SONY ICF-2010+SONY AN-1>



・Radio Algeria(アルジェリア)  1994/10/03 0244−0322JST 11715kHz[33333〜233223] アラビア語 英語
 0300まではアラビア語放送で、0245に現地の民族音楽が1曲、0250に現地のポップスが1曲か かった後、O256からはアメリカとイスラ工ル関係のニュース、0259にIza,at eトDjazairlaとI D。0300に…International Service of Radio AlgeriaとIDが出て英語放送となり、番組周波数案内のあと、0205にRadio Algeria InternationalとIDが出てニュースとなり、政府の予算 審議、パレスチナ自治、IMF総会、イスラエルととヨルダン間の合意、アメリカの対ハイチ政策、ボスニアのセルビア人勢力の合意、スロバ キア総選挙の最終結果、アフガニスタン情勢、ルワンダ情勢などについて伝えていた。0320に ヨーロッパのポップスがかかった頃以降受信状況が悪化して聴きづらくなったので聴取をや めた。混信は11710kHzのVOAのロシア語放送など。
<SONY ICF-2010+SONY AN-1>



受信レポートの月別一覧に戻る
No.71(1994年12月号)の受信レポート
No.68(1994年9月号)の受信レポート









100MB無料ホームページ可愛いサーバロリポップClick Here!