DXFREEK No.83(1995年12月号)から受信レポート

・ドイチェ・ヴェレ(ドイツ)  1995/11/29  2000-2030JST  5925kHz〔54444〕  日本語
 クリスマスから新年にかけての休暇旅行の話題の後、ニュースではクリントン大統領のヨーロッパ訪問,北アイルランド和平,ボスニア和平のための多国籍軍 派遣を議題としたNATO国防相会議がブリュッセルで開かれている,EUと地中海諸国との外相会談が共同宣言を採択して閉幕など。「放送マガジン」ではド イツ内閣が連邦軍のボスニア派遣を承認,ケルンの日本文化会館で尺八・琴の演奏会,ドイツ人とお酒について。
 現在のところ当地ではこの周波数が最も良好。
 <SONY ICF-2001D+SONY AN-1>



・Radio Korea International(韓国)  1995/11/22     1115-1145JST  7275kHz〔54444-43443〕 英語
「Seoul Calling」最近の気温の低さと飲料水不足についての話,国際現代芸術祭などの話。
「Economic News Review」台湾代表団の北韓訪問などのニュース。
1140から同波にジャミングが出てきて聞きづらくなった。
 <SONY ICF-2001D+SONY AN-1>



・山陰放送 倉吉局(鳥取県)  1995/12/05  1145-1200JST    1557kHz〔44444〕 日本語
 ハウジングランド・いない12月 7日米子店オープン,ダスキン鳥取倉吉店の2つのコマーシャルの後、平田市と出雲市の人のリクエスト曲で椿花情話,その後くにびきメッセでの着物展,島根 三菱自動車パジェロミニ,かなやま墓石歳末セールの3つのコマーシャルの後、北島三郎の平成音頭がかかった。その後、ポプラ,森永甘酒,県立生涯学習セン ター,ダスキン鳥取倉吉店,からさわ,花,米子駅前米子ホテル,宝石の落合の8つのコマーシャル。当地では原則としては900kHzの米子局の方がよく入 るが、場合によっては倉吉局のほうが良い場合もある。
<SONY ICF-2001D(内蔵フェライトバーアンテナ)>



・Radio Portugal(ポルトガル)  1995/11/29  1130-1200JST  9570kHz〔24332〕 英語
 ID,周波数アナウンスの後、ニュースでポルトガル財政相の経済安定化に関する発言,ヨーロッパと地中海諸国との経済協議におけるポルトガルの農業分野 での立場などについて。1148からの 「Musical kaleidoscope」ではポルトガルのポピュラー音楽が二曲かかった。電波は弱いが混信がほとんどないため内容はなんとか聞き取れるが、番組を楽し んで聞けるようなレベルではない。
 <SONY ICF-2001D+SONY AN-1>



・AWR−Asia(グアム)  1995/12/11 0630-0700JST  9495kHz〔44433〕  日本語
「光とともに」では星野トミヒロ詩画集カレンダー 秋の道を蟻が歩いている。「リビング・バイブル・アワー」では聖書ルカによる福音書7章1節で合間に賛 美歌第312番,賛美歌第342番,聖歌第608番「イエスはわが命」の三曲がかかった。
<SONY ICF-2001D+SONY AN-1>



・バチカン放送(バチカン)  1995/12/04  2214-2243JST 9500kHz 〔33333〕 日本語
「聖歌の調べ」この日はクリスマスにちなんでバッハのクリスマス・オラトリオ第一部の第1曲から第7曲がかけられた。
 9495kHzのKFBSの混信があり、電波もそれほど強くなくフェーディングもあることから聞きづらい。
 <SONY ICF-2001D+SONY AN-1>


受信ログの月別一覧に戻る
No.84(1996年1月号)の受信レポート
No.83(1995年12月号)の業務局など受信ログ
No.82(1995年11月号)の受信レポート


以下広告





100MB無料ホームページ可愛いサーバロリポップClick Here!