DX FREEK No.97(1997年2月号)より受信レポート



・IBC岩手放送 1996/12/14 1700-1730JST 684kHz 〔32432〕  日本語
 「フレッシュ・オン・イワテ」リスナーからの釣果報告や、釣の模様の録音などで構成されていた。提供はミドリガオカ釣具店、他。1720からの 「ウェ ザーリポート」は、岩手県経済連の提供で、JAの店紹介の後、“天気予報リクエスト”のコーナーでは、リスナーのリクエストで、陸前高田市の予報 を特に取 り上げて伝えていた。
 混信は同波のNHK長崎第一放送。同局は、当地では中波民放東北地方各局の中でも特に受信が困難で、珍局的存在である。
<Panasonic RF-B65+SONY AN-1/三重>



・ドイチェ・ヴェレ  1996/12/17 2130-2200JST  5925kHz〔55444〕  日本語
  オランダでの商店営業時間規制緩和の話題の後、ニュースでは、アメリカの航空機会社ボーイング社とマクダネル・ダグラス社が合併す ること と、旧東ドイツの首相が偽証罪で有罪判決を受けたことなどを伝えた。「放送マガジン」では、ボーイング社とマクダネル・ダグラス社の合併がエアバ ス・イン ダストリーに与える影響についてと、ノーベル平和賞を受賞した東チモールの司教とコール首相の会談について、最後はロマンチック街道の旅・ペルツ ブルグ宮 殿の紹介だった。
<Panasonic RF-B65+SONY AN-1/三重>



・自由中国の声  1996/12/25  2000-2030JST  11745kHz  〔53443〕 日本語
 暦と、今日は憲法施行記念日だという話。ニュースでは国家発展会議が開催され、地方自治改革問題の小政府制度について、与野党の激しい攻防戦が 繰り広げ られたことなど。2021からの「定東(ディンドン)クラブ」では、静岡県や千葉県のリスナーの手紙が紹介された。
<Panasonic RF-B65+SONY AN-1/三重>



・中国国際放送 1997/01/03  2230-2330JST 1044kHz〔44444〕 日 本語
 「紅白歌くらべ・知恵くらべ」同局日本語放送新春恒例の番組である。今年の進行は白組。白組・紅組それぞれ5人ずつが歌を競い合った。知恵くら べでは牛 の泣き声を競い合った。最後は白組のメンバーによる男性合唱と、紅組のメンバーによる女性合唱だった。
<Panasonic RF-B65+内蔵フェライトバーアンテナ/三重>
 


・KTWR  1996/12/22  2100-2158JST  9870kHz〔55444〕  日本語
 KTWRハートフルホリデー第4弾・クリスマス特別番組「ペデロとアンデレのクリスマスワンダーランド」各コーナーの間に、キリストの生誕につ いてのラ ジオドラマを挟むという形式で番組が進められた。 “痛快短波通り”のコーナーでは、『BCL、これがあるからやめられない』と題して、BCLの 魅力につ いて事前にリスナーを対象に行なったアンケートの中から紹介された。(自分の手紙が読まれたときの感動が忘れられないなど。)“短波ラジオ今昔物 語”で は、SONY開発部門の人へのインタビューで、短波ラジオの小型化・高性能化への苦労話など。最後に世界各地に送信所のあるTWRの、どこの送信 所のイン ターバルシグナルかを当てるクイズが3問出題されたが、ほとんどグアム(しかも日本語)しか聞いたことのない私にとって、まったく分からなかっ た。
 今や太平洋の声の名物番組ともなった年3回の特別番組だが、最近はどの番組も番組としての完成度が高く、かなり聞きやすい内容になってきている ように思 う。
<Panasonic RF-B65+SONY AN-1/三重>



・ドイチェ・ヴェレ  1997/01/03  2130-2157JST  5925kHz〔45444〕 日本語
 ニュース,放送マガジンに続いて、新年特別番組としてルフトハンザ航空のスチュワーデスサカモトリエさんへのインタビュー。彼女は150人いる 日本人スチュワーデスのうち10人しかいない「ドイツチーム」で働くスチュワーデスの一人。大変興味深い内容だった。
<SONY ICF-SW77+内蔵ロッドアンテナ/北海道>
 


・Radio Netherlands 1997/01/04  2330-0100JST  9895kHz〔44443〕 英語
  ニュースでは、南北朝鮮問題と日本の関わりについてなど。体に障害のある子供たちへのインタビューと続いた。強力に受信できるが、少し下の不明局 の混信が 気になった。
<SONY ICF-5800+内蔵ロッドアンテナ/北海道>
 


・Broadcasting Service of the Kingdom of Saudi Arabia, 1997/01/03 1315-1400JST 17720kHz〔34333〕 アラビア語
 ほとんどがコーランの朗唱で、1348と1358にIza'at al-Qur'an al-Kharim min Mamlaka al-Arabiyya al-Saudiya とIDが出た。
<SONY ICF-2001D+SONY AN-1/鳥取>
 

   放送局名(国・地域名) 受信日 受信時間
    受信周波数〔受信状況(SINPO)〕
         受信内容
  <使用受信機+使用アンテナ/受信地・受信者(ネット公開分は受信者は省略)>

受信ログの一覧に戻る


No.96(1997年1月号)の受信レポート
No.98(1997年3月号)の受信レポート


以下広告





100MB無料ホームページ可愛いサーバロリポップClick Here!