DX Freek No.116より受信レポート


・Radio Tirana  1998/10/04  0357-0431JST   6170kHz 〔25232-0〕 英語
 0357からIS,0400女声によるID“…Radio Tirana…”と出た。その後は何曲か音楽をはさみ男女によるトークとなった。内容は分からない。記者報告のようなものもあった。0431音楽の途中で 受信不能となった。私がBCLを始めた頃は中国語放送も行なっていて良好に受信できたが、現在は混信はないものの状態は良くない。
<JRC NRD-545+RFシステムズEMF5m長ワイヤーアンテナ/北海道>



・ラジオかなざわ 1998/11/15 1900-2000JST   78.0MHz〔55555〕 日本語
 「週間相撲ニュースDT」。大相撲九州場所での郷土出身力士の活躍について伝える。学生時代の恩師や地元後援会の人たちのコメントも聞かれた。担当は吉 田紀子さん。タイトルの「DT」は石川県出身の幕内力士・出島と栃乃洋の頭文字を取ったもの。コミュニティFM局で相撲専門の番組というのは珍しいのでは ないか。両力士の活躍により番組の人気も高まり、11月からは放送時間が1時間に延長された。番組後半では相撲以外の県内アマチュアスポーツの話題を紹介 した。この日は先の国体で優秀な成績をおさめた選手をスタジオに招いて話を聞いた。
 同局は系列局であるラジオななお,ラジオこまつにもネットされている。地元企業8局がスポンサーになっている。
   <Panasonic RF-B65+付属ロッドアンテナ/石川県>



・NHK札幌第1放送 1998/09/28  1850-1900JST  567kHz 〔33433〕 日本語
 北海道関係のニュースでは豊平区役所の贈収賄事件,アルファコーポレーション債権者集会などを伝えた。1853からの札幌からのニュースでは小樽市での 観光バスの事故,北海道中央バスの運賃値上げ申請を伝えた。その後、交通情報,気象情報と続き、1900の時報直前に「札幌第1放送です。JODK」と女 声IDがあった。
    <SONY ICF-7601+内蔵フェライトバーアンテナ/静岡県>



・YBS山梨放送  1998/10/04   1400-1500JST   765kHz   〔25222-35232〕 日本語
 「大柴堅志のらじおじサンデー」途中まで自宅で聴いていた番組をヘッドホンステレオのテストのため電車で別の場所に移動して受信。
 1400からは「百倍クイズ」と「とはの法則」の続き。「とはの法則」のテーマは「猫に小判」でムダにしたものの話を集めていた。家電製品を使いこなせ ていない人の話や腐らせてしまった食べ物の話など、予想通りのコメントが来ていた。以前の「だったらクラブ」のようにインパクトの強いコメントが来ないせ いか何度も入賞していた常連さんが出なくなったし、県外からのコメントも少なくなった。参加者が増えて同じようなコメントが多くなったので出しにくくなっ たというのが本当のところだろう。
 受信地は川崎市中原区にあるJR南武線武蔵小杉駅のそばにある公園でロケーションは悪かったがジャングルジムの支柱をラジオのバーアンテナに接触させる ことで感度が上がり番組を楽しめた。高音域のノイズが多いのが難点。
 ラジオ専用機とステレオ機器との最大の違いは高音域のノイズであり、状態の悪いときほどその差がはっきりする。
   <AIWA HS-J370+ジャングルジムの支柱/神奈川県>



・AM KOBE  1998/11/08  2330-2400JST  558kHz〔54444〕 日本語
 「川上とも子のうさぎのみみたぶ」AM神戸日曜夜のローカル番組でパーソナリティは人気声優の川上とも子。今年9月まで放送されていた同局の「メサ CANネットワーク」のリニューアル版で、前身の番組は当初単局放送ながら全国的な人気番組だったので、ディレクターがAM神戸の上層部と交渉してリ ニューアルが実現したという経緯がある。
 この日は前番組のCD宣伝が中心であった。
 パーソナリティの川上とも子は97年にテレビ東京系で放送された人気アニメ「少女革命ウテナ」の主役で人気声優の仲間入りを果たし、現在ではAM  KOBEの看板パーソナリティとなっている。以前ラジオ日本でネットしていたこともあり、「爆発ラジオ」のリスナーと 「ラジメニア」のリスナーが多い。
 受信状態は番組開始の前後にフェーディングがあった位でローカル並みだった。AM神戸の良聴地域の広さは業界では有名なため関東の番組が関西でネットさ れるときには同局かラジオ大阪とのネットが多い。
 また、ラジオ日本とAM神戸でネットしている番組は神戸製作の物も多く、遠距離リスナーも神戸のほうが多いようである。(現在のところAM神戸単局放 送。)
  <SONY ICF-5800+ミズホ通信UZ-77/神奈川県>



・KFBS(サイパン)  1998/11/27   1758-1830JST     11650kHz〔54444〕 ロシア語
 1758からIS。1759にVy Slushatiye KFBS, SaipanとIDが出た。1800に開始アナウンスがあり、その後男性ボーカルの曲が1曲かかった。1804からは男性によるキリストと聖書の話。 1812からは男性による聖書の翻訳とキリスト教の伝統の話。1815に男性ボーカルの曲がかかった後、1817からは男性によるアンチキリストについて の話。1828にウクライナのキエフの宛先がアナウンスされた後、男性ボーカルの曲が1曲かかった。1830に再びIDが出た。
  <SONY ICF-2001D+5m長ワイヤーアンテナ/鳥取県>



・朝鮮中央放送  1998/11/27   1834-1900JST   2850kHz〔44444〕 朝鮮語
 1854までに女性ボーカリストの曲4曲と行進曲調の男性合唱曲が1曲かかった。1854に短い女性アナウンサーのナレーションが入り、その後女性ボー カルの曲が1曲かかった。1859に女性アナウンサーのナレーションのあと、Joson Juang Pangsong ImnidaとIDが出た。
  <SONY ICF-2001D+5m長ワイヤーアンテナ/鳥取県>



・Radio Exterior de Espana  1998/11/27  1929-2001JST    9620kHz〔54444〕 スペイン語
 IDのあと、1930からは女性アナウンサー二人のトーク。1937にID。1938からは男性アナウンサーのトーク。1042からは女性アナウンサー と男性のトークで、イベロアメリカの市場についての話。1949からは男性アナウンサーのトーク。1955にはIDが出た。その後一曲かかった。時報の 後、IDが出たところで聴取をやめた。
  <SONY ICF-2001D+5m長ワイヤーアンテナ/鳥取県>



・三角山放送局 1998/11/15  1724-1800JST   76.2MHz〔55555〕 日本語
 三角山放送局トワイライトクロワッサンという番組で薬剤師のタンハイリーさんを迎えてのトーク番組、この人がどういう人なのか良く知らないが、元阪神タ イガースのランディ・バースのアメリカの牧場を訪れたときの話や、ストレス,スポーツビジネスについての話をしていた。曲は「男が女を愛するとき」「オー ルウェイズ」など。CMでは、「手作りケーキの店モンジェリー琴似店」「ホテルフクヤ」等。パーソナリティはアライエミ,カワニシユージの両氏。同局は札 幌市内3局目のコミュニティFM局。自宅では受信できないため送信所近くまで移動しての受信。
 <SONY製カーステレオ+軽自動車ピラーマウントロッドアンテナ/北海道>



・ラジオ沖縄(推定) 1998/10/05   0445-0501JST  864kHz 〔24232-0〕 日本語
 0445から聞いていたが、0451に琴の演奏が聞こえた。ラジオの製作10月号「リスニングスクエア国内編」のリポートに琴の演奏(音色)とあるので 同局と推定していたが、0455北海道放送(中継局3局)が放送を開始してつぶされてしまった。琴の音を流す前にもぜひIDを入れてほしい。韓国KBSの 混信があったように思うが2500km以上離れているであろう沖縄の電波が受信できたかと思うと感激した。全国各地で良好に受信できているようである。
   <AOR AR3030+MIZUHO UZ-8DX/北海道>



・Radio Algies International   1998/10/09   0100-0131JST   15160kHz〔35322〕 英語
 0100“This is Radio Algies International”と男声ID。その後スケジュール案内に続いてニュースでは同国内のニュースやアメリカのことなどをとり上げていた。それか ら、短い音楽をはさんでのトークとなった。0117にもIDが男声によって出た。アフリカらしいドラムの音楽等色々楽しめた。状態はまずまず。
 <JRC NRD545+RFシステムズEMF5mワイヤーアンテナ/北海道>



・地中海の声  1998/10/18  1400-1420JST   17570kHz 〔25222-25121-0〕 日本語
 1400マユコさんの開始アナに続いて「一週間の出来事」となり、「マルタのEU参加」「オンブズマン円卓会議」他について伝えた。音楽に続いて「マル タの歴史紹介」となったが、内容は聞き取れず。1420受信不能になった。同局の放送は日によって非常にムラがある。混信はなかった。
 <JRC NRD545+RFシステムズEMF5mワイヤーアンテナ/北海道>



・女島(めしま)船舶気象通報局  1998/10/18   1836-1838JST   1669kHz〔25232〕 日本語
  1836「各局 各局 各局 こちらは、めしま めしま めしま 海上保安庁が…」と出て、風速,天気,視程,なみ,うねりなどの状況を伝えた。もう一度 繰り返して「こちらはめしま さようなら」でSign Offした。
 当地ではこの方面は良好に入感する。
   <AOR AR3030+MIZUHO UZ-8DX/北海道>


放送局名(国・地域名) 受信日 受信時間(JST)
 受信周波数・チャンネル 受信状況(SINPO)
           放送言語
  受信内容・コメントなど
  <使用受信機+使用アンテナ/受信地(ネット公開分は都道府県まで)>

受信ログの一覧に戻る
No.117の受信レポート
No.116の業務局受信ログ
No.115の受信レポート






100MB無料ホームページ可愛いサーバロリポップClick Here!