DX FREEK No.119より1999年1月〜1999年3月の受信レポート


・Radio Tajikistan(タジキスタン) 1999/01/01  0145-0200JST  7245kHz〔23131-22131〕 英語
 0145放送開始時は受信できず。0147になって女性アナによるニュースらしき番組が浮き上がってきた。隣接波からの不明局による混信の他、 フェー ディングと強いノイズのため内容は分からない。0152に短い音楽の後、女声IDが“You are listening to Radio Tajikistan” と出た。その後は女声トークとなり、0158音楽の後Sign Offした。
  <JRC NRD-525+室内5m長ワイヤーアンテナ/北海道札幌市>


 
・地中海の声(マルタ) 1999/01/03  1400-1459JST  17570kHz〔35433〕 日本語
 ニュースでは「イタリア企業代表団のマルタ訪問」他。曲をはさんで1411から1月の催物案内,1425からお便り紹介では豊中市,城陽市他の リスナー からお便り紹介。続いて「きのこ岩」の紹介や、くだものスタンドの話もあった。1459放送終了。1435過ぎ頃からノイズが多くなった。この日 は状態の 良いほうだった。
   <JRC NRD-545+RFシステムズ゙EMF/北海道札幌市>


 
・Croatian Radio(クロアチア) 1999/01/09  1628-1651JST 13820kHz〔35433〕 クロアチア語
 特派員報告のような番組の途中から受信。1631IDをはさんで1644まで続いた。なおIDはHrvatska Radioと出る。連日まずまずの状態で受信できるが状態は日によって多少ムラがある。
   <JRC NRD-545+RFシステムズ゙EMF/北海道札幌市>


 
・Voz Christiana(チリ) 1999/01/10  1153-1210JST  11690kHz〔35333-35232〕 スペイン語
 内容は分からないが男性のトークプロ。音楽も楽しめる。IDも頻繁に出るので確認も容易。同局はチリからの放送とは思えない程、強力に昼夜を問 わず受信 できる。この時間帯の状態はあまり良くないが13,16mbでの状態が良いようである。
   <JRC NRD-545+RFシステムズ゙EMF/北海道札幌市>


 
・Radio Liberty(アメリカ) 1999/01/09  1557-1621JST  15250kHz〔45433〕 ロシア語
 1557に英語IDが“You are turned to Radio Free Europe, Radio Liberty”と女声で、続いてロシア語IDが“…Radio Svoboda…” と男声によって出た。その後はニュースらしき番組となり「イラク」とたびたび聞き取れた。1609E−mailのアドレス案内に続いてID。男女 トークプ ロとなった。混信はないがフェーディングが気になった。
   <JRC NRD-545+RFシステムズ゙EMF/北海道札幌市>



・Khabarovsk Radio(ロシア) 1999/01/10 1100-1121JST  7210kHz〔35333〕 ロシア語
 時報に続いてID,“Khabarovsk Radio”男女トークに続いて、アメリカとイラク関係のトーク、CMらしきものが流れた後、“Radio Rossii”と何度も聞き取れた。その後は、現地音楽をはさみながらのトークとなった。
   <JRC NRD-545+RFシステムズ゙EMF/北海道札幌市>


 
・HLAZ(韓国) 1999/01/03  2130-2200JST  1566kHz〔44444〕 日本語
 日曜礼拝番組で日本キリスト教団千歳船橋教会の礼拝の様子。ルカによる福音第7章36節から50節の朗読など。不明局の混信があるものの良好。
   <AOR AR3030+MIZUHO UZ-8DX/北海道札幌市>


 
・Radio For Peace International(コスタリカ) 1999/01/10  2001-2030JST  6975kHz〔35333-25232〕 英語
 2001から住所アナウンスの後“…RFPI…”と出て確認。ラジオ放送を媒体としたメディア会社の紹介や実情について伝えていた。同局も久し ぶりに受 信したが状態はあまり良くない。混信はなかった。
   <JRC NRD-545+RFシステムズ゙EMF/北海道札幌市>


 
・長崎放送(長崎県) 1999/01/04  0450-0458JST  1233kHz〔23232〕 日本語
 0455に女性アナによる放送開始アナが出た。「おはようございます。こちらはNBC長崎放送です。皆様にお聞き頂くNBC長崎放送は・・・」 その後各 中継局の案内と続いたが0458に同波の青森放送が放送を開始したために受信不能となった。以前に何度も狙っていたがIDを確認できたことはな かった。
  <SONY ICF-6800A+MIZUHO UZ-8DX/北海道札幌市>


 
・NHK名古屋ラジオ第1放送(愛知県) 1999/01/04  1850-1900JST 729kHz〔43333〕 日本語
 1850東海地方の交通情報,ニュース,気象情報,交通情報では東名・名神高速道路の渋滞情報を伝えた。1852からのニュースでは小渕首相の 三重県伊 勢神宮参拝,豊田市で七草セットが出荷された事などを報じた。1858から気象の情報となり愛知県等の天気情報を伝えた。1859IDが女声に よって「名 古屋第1放送,JOCK」と出て1900時報と続いた。
 JSWCの会報でベリカードを発行しているとの情報を得たため受信報告を送付したが受信証は発行していない旨のハガキが同封されていた。
  <SONY ICF-6800A+MIZUHO UZ-8DX/北海道札幌市>


 
・RCC中国放送(広島県) 1999/01/18  2235-2250JST  1350kHz〔34333-33232〕 日本語
 「CDドッグ・カウントダウン」RCC月曜夜のリクエスト番組を途中から受信。曲はGLAYの「Be With You」他。2240過ぎから 電話イン タビューとクイズ。ノイズと韓国局の混信が強かったが意外と良好。1300kHz台は、1314kHzのラジオ大阪,1332kHzの東海ラジ オ, 1350kHzのRCCといった具合に18kHz間隔のため同調はとりにくかった。今回使用したラジカセは比較的大型のアンテナを内蔵しており感 度は良好 で、1440kHzのSTVも受信可能。混変調にも意外と強い。ただ大電力の局や谷間のローカル局は同調がとりにくくやはり苦しい。
 RCCは 、広島のほか山口や四国の各県にリスナーがいるらしい。送信所は宮島にあるとのこと。
   <Victor RC-W66+内蔵バーアンテナ/神奈川県川崎市>


 
・Voice of Turkey(トルコ) 1999/01/13  1454-1555JST 21500kHz〔45433-45333〕 トルコ語
 1454から1539までトルコ音楽を充分に楽しんだ後(10曲)女性の短いアナウンスをはさんで男性のトークプロとなった。途中IDが「ター キェニ ン・セシ・レディオス」と出た。トルコ音楽は意外と好きなのでの高い周波数が好調になってくると良好に楽しむ事が出来る。
   <JRC NRD-545+RFシステムズ゙EMF/北海道札幌市>


 
・Radio Ukraine International(ウクライナ) 1999/01/13  1558-1623JST   21510kHz〔45444-45433〕 ウクライナ語
 1600まで音楽が流れて、IS,ID「ラジオウクライナ」と男性によって出た。番組案内と思われるトークの後、ニュースらしき番組となり、同 国の大統 領に関するものなどが伝えられた。その後の解説と思われる番組の中でも同国の大統領に関する話題があった。続いて男女トークプロとなり1622に IDが出 た。以前に比べると同局も受信状態の悪い局であるが高い周波数の状態が良くなると良好に受信できるものと思われる。混信はなかった。
   <JRC NRD-525+RFシステムズ゙EMF/北海道札幌市>


 
・Radio Ukraine International(ウクライナ) 1999/03/15  1700-1730JST  21510kHz〔44343〕 ウクライナ語
 放送時間と周波数のアナウンスの後、1702から「ニュース」でウクライナのクチマ大統領とベラルーシのルカシェンコ大統領関係,ウクライナ国 会に関す る事を伝えていた。1709からはウクライナとフランスの合同学術会議について。1712からは経済関係のレポートでウクライナの経済機構と改革 につい て。1717からはウクライナ議会における安全保障問題について。
  <SONY ICF-2001D+SONY AN-1/鳥取県>



・Radio Oman(オマーン) 1999/01/15  1300-1400JST  11890kHz〔35433-35333〕 アラビア語
 1300男性によるニュースらしき番組となり1312からは特派員の報告のようなものになった。内容は分からないが“…Oman…”と頻繁に聞 き取れ た。話題の変わり目に短い音節をはさんで男女によるトークの繰り返しとなり1330に男声によるIDが “…Idha'at.....Oman” と出た。 その後は短いトークをはさんでの音楽プロとなった。状態もまずまずで混信もなくいかにも中近東らしい音楽が楽しめる。
   <JRC NRD-545+RFシステムズEMF/北海道札幌市>


 
・Merlin Network One(イギリス) 1999/01/18 1652-1723JST 17630kHz〔45433〕 英語
 1655までPops,Merlin Communicationからのお知らせと続き再びノンストップでPops等がかかった。日中高い周波 数で良好 に受信できる。
   <JRC NRD-545+RFシステムズEMF/北海道札幌市>


 
・Lao National Radio(ラオス)  1999/01/18  2100-2132JST  6130kHz〔24222〕 ラオ語
 2100女性アナウンサ−によるIDが「ティニ−ウィタウ…ウィエンチャン」と出て男女トークの繰り返し。たまに“…Vietnam…”と聞き 取れた。 不明局の弱い混信があり、信号も強くないが連日受信できる。
   <JRC NRD-545+RFシステムズEMF/北海道札幌市>


 
・Radio Mexico International(メキシコ) 1999/01/31 2209-2242JST 〔35333-25232〕 スペイン語
 音楽をはさんでの男女トークプロ。陽気な現地Popsが楽しめる。日本BCL連盟のMY WAVE誌1998年11月号でアトランタ在住の大森 氏が日本 語アナウンスを放送中との記事を見つけずっと狙っていたが同日やっと受信できた。2230頃そのアナウンスが出ることが多いとの事であったが残念 ながら聞 くことは出来なかった。なおIDは2229女声によって“…Radio Mexico International…”と出た。
   <JRC NRD-545+RFシステムズEMF/北海道札幌市>


 
・地中海の声(丸太) 1999/02/14  1400-1459JST  17570kHz〔35443-33343〕 日本語
 放送開始アナ(今日は男性アナだった)に続いてニュース。マルタのラジオ愛好家によるヨルダン・フセイン国王の追悼などを伝えた。曲に続きイマ ムラ・キ ミヒコ作「コゾ・クリフィーの生まれた島」の朗読。1428からお便り紹介。札幌市北区,大阪府和泉市他のリスナーのお便りの紹介、曲をはさんで  「マル タ島に魅せられて」と続いた。1428頃からVoice of Russia World Serviceのキャリアが混信してくる。
   <ICOM IC-R72+SONY AN-1/北海道札幌市>


 
・Radio Tanzania(タンザニア) 1999/02/01  0541-0552JST  5050kHz〔25232-23232〕 不明語
 音楽を一曲はさんで男声トークプロ、0550に“…Radio Tanzania…”と男性アナによるID、0552に中国福建省の海峡の声廣播電台のIS,IDが出てきた。信号は弱いが混信がないので聞きや すい。
   <JRC NRD-545+RFシステムズ゙EMF/北海道札幌市>



・台北国際放送(台湾) 1999/02/21 1700-1740JST 9610kHz〔45444〕 日本語
 放送開始アナ、国歌斉唱に続いてニュース、銀行営業税が2%に引き下げられたこと、貯金準備率が6.41%にまで引き下げられたことなど。 1724から の「台北DJ」では欧陽菲菲のニューアルバムの紹介、1730の「お便りありがとう土曜日です。」では、台湾での凧揚げについてリスナーからの質 問に答え ていた。新設された放送だが状態は極めて良好。
   <JRC NRD-545+RFシステムズ゙EMF/北海道札幌市南区>


 
・台北国際放送(台湾) 1999/03/11 1000-1100JST  15270kHz〔54444〕 日本語
 「ニュース」では今年度の税収が過去20年来で最大のマイナス幅を記録する見込みであることなどを報道した。「台北DJ」では「異邦人」「魚は 水から離 れることは出来ない」の二曲が紹介された。1030からの「お便りありがとう」でははじめに「うそつき」という曲がかかった後、リスナーからの手 紙を紹介 し、それに関連してベリカードについてと、果物に着いての話題について話していた。
  <SONY ICF-2001D+SONY AN-1/鳥取県>



・Voice of America(アメリカ) 1999/02/26  0935-1000JST  17820kHz〔45444〕 英語
 Special English Newsで、ユーゴスラビア コソボ情勢を伝えた。ビル・ホワイト氏のレポート、American Mosaic と続いた。1000までは同波は非常に強力だが、それ以降は信号は弱くなる。
   <JRC NRD525+5m長室内ワイヤーアンテナ/北海道札幌市>


 
・Radio Slovakia International(スロバキア) 1999/03/11 1600-1630JST   11990kHz〔24222〕, 15460kHz〔24222〕, 21705kHz〔34333〕 英語
 「ニュース」では外相のドイツ公式訪問,中央銀行の通貨スロバキアコルナの買い支え,デンマークのロマニィ(ロマ人、いわゆるジプシー)代表団 のスロバ キア訪問などについて伝えた。1610からは映画についてのインタビュー番組で、最近の聴衆の嗜好の変化や映画の将来について話していた。 1622からの Business Newsでは、内閣のスロバキアへの直接投資促進計画などについて。1625に再びニュースを繰り返した。1627からはISとIDの繰り返し。
  <SONY ICF-2001D+SONY AN-1/鳥取県>


 
・NHK名古屋ラジオ第1放送(愛知県) 1999/02/22  1850-1900JST   729kHz〔33443〕 日本語
 1850東海地方の交通情報、ニュース,天気予報,日本道路交通情報センターから道路交通情報。1852からのニュースでは、三重大学女子大学 生の飛び 降り自殺、三重県の風力発電所の試運転等を伝えた。1858からは気象情報で予想気温や降水確率など。1859IDが、「名古屋第1放送です。 JOCK」 と女声によって出た。先日のレポートでベリカードが得られなかったので再度受信した。
  <SONY ICF-6800A+MIZUHO UZ-8DX/北海道札幌市>


 
・Voice of Greece(ギリシャ) 1999/03/11 1635-1700JST  9775kHz〔54444〕 ギリシャ語,英語
 1650まではギリシャ語プロで女性アナのナレーションでギリシャ歌謡が2曲かかった。1650からは英語ニュースでキプロス問題を巡るギリ シャトルコ 関係,ギリシャとブルガリアが協調してコソボ和平へ取り組むこと,キプロスのEU加盟問題などについて伝えた。1657にIDが出て、終了アナウ ンスの後 1700にSign Off。
  <SONY ICF-2001D+SONY AN-1/鳥取県>


 
・Radio Pyongyang(北朝鮮) 1999/03/15  1500-1535JST  15180kHz〔54444〕 朝鮮語
 国歌、番組案内の後、1502からは 「ニュース」で男性と女性アナウンサーが交互にニュースをアナウンスしていた。1512からは朝鮮人民軍 協奏団功勲合唱団の曲が2曲かかった、一曲目は題名は分からないが始めスローテンポで始まり中間部から行進曲調に変わる曲で、もう一曲は「将軍白 馬で駆ける」だっ た。その後女性ボーカルの曲が3曲かかった。1532からは労働新聞の論評を紹介していた。
  <SONY ICF-2001D+SONY AN-1/鳥取県>



・Radio Netherlands(オランダ)  1999/03/15 1930-2000JST 12065kHz〔44444〕 英語
 「ニュース」では中国全人代で最終日での憲法改正決議,インドネシア外相が東チモールの将来について住民投票を行なう案を出したことなどについ て伝えて いた。Newslineでは、パリでのコソボ和平会議での和平の大枠について,拡大NATO,アフガニスタン和平会議などについてのレポートを交 えての解 説,1954からのEuroQuestでは和平協定が調印された北アイルランドでの真の和平の困難について。
  <SONY ICF-2001D+SONY AN-1/鳥取県>


 
放送局名(国・地域名) 受信日 受信時間(JST)
受信周波数・チャンネル 受信状況(SINPO)
放送言語
受信内容・コメントなど
<使用受信機+使用アンテナ/受信地・受信者>






 Utility Loggings
  232kHz   小松NDB  1999/03/17   2045JST   モールス  RST=568
       K・M・長音の繰り返し                             (※2)
  316kHz   積丹岬無線標識  1999/02/23    2143JST   モールス RST=445
       C・M・C・M・長音の繰り返し                         (※1)
   316kHz     (不明)NDB  1999/02/20   2230JST  モールス  RST=545
       P・M・長音の繰り返し                             (※1)
   325kHz     河和NDB  1999/02/20  2233JST  モールス  RST=545
       X・M・長音の繰り返し                             (※1)
   347kHz     千歳NDB  1999/02/20  2235JST  モールス  RST=599
       C・H・長音の繰り返し                             (※1)
   360kHz     名古屋NDB  1999/02/20  2237JST  モールス  RST=455
       K・C・長音の繰り返し                             (※1)
  360kHz   名古屋NDB  1999/03/17   2048JST   モールス  RST=599
       K・C・長音の繰り返し                             (※2)
  368kHz   大津NDB  1999/03/17   2050JST   モールス  RST=588
       C・U・長音の繰り返し                             (※2)
  369.5kHz  佐渡NDB  1999/02/23   2215JST  モールス  RST=445
       N・I・長音の繰り返し                             (※1)
  373kHz     館山NDB  1999/02/23   2205JST   モールス RST=455
       P・Q・長音の繰り返し                             (※1)
  373kHz   館山NDB  1999/03/17   2052JST   モールス  RST=578
       P・Q・長音の繰り返し                             (※2)
   376.5kHz   長沼NDB  1999/02/8   1919JST  モールス  RST=589
       N・A・長音の繰り返し                             (※1)
 4222(CW)kHz  XSN  1999/03/17   2122JST  モールス  RST=599
       CQ CQ CQ DE XSN XSN XSN QRU? BK             (※3)
 109.25MHz  隠岐VOR  1999/03/17   2022JST  モールス RST=589
       O・I・Eの繰り返し                              (※4)
 114.1MHz  米子VOR  1999/03/17   2026JST  モールス RST=589
       Y・V・Eの繰り返し                              (※4)
 116.7MHz  美保VOR  1999/03/17   2024JST  モールス RST=599
       J・E・Cの繰り返し                              (※4)
 
周波数(電波形式) 局名・呼出符号(国・地域名) 受信日 受信時間 言語・送信形式
受信状況(SINPO または RST または RS)  受信内容・その他
(※1)ICOM IC-R72+SONY AN-1/北海道
(※2)SONY ICF-2001D+ロッドアンテナ/鳥取県
(※3)SONY ICF-2001D+SONY AN-1/鳥取県
(※4)AOR AR8000+COMET CH-701X/鳥取県

受信レポートの一覧に戻る
No.120の受信レポート
No.118の受信レポート









100MB無料ホームページ可愛いサーバロリポップClick Here!