No.149 受信レポート


 
・ピョンヤン放送 2002/01/20  2302-2330JST  657kHz[44444] 朝鮮語
 657kHzの韓国KBSの混信がわずかにある。男性アナウンサーのトークで、金日成主席の高麗民主連邦共和国案についての話題など。2315からは、 チュチェ思想、日本帝国主義、南朝鮮についての話題など。100円ショップの3石ラジオでの受信。
<DAISO DD2000A+内蔵フェライトバーアンテナ>


 
・中国国際放送 2002/01/20  2332-2355JST  1044kHz[44444] 日本語
 ニュースでは、中国の江沢民主席とベラルーシのルカシェンコ大統領が国交樹立10周年の祝電を交換したこと,中国の胡錦涛国家副主席は中米関係国際シン ポジウムに参加したアメリカ代表と会談したこと,中国の昨年の工業生産は9.9%成長したことなどを伝えた。2345からの「中国の旅」は四川省の特集で 四川省の料理、ファッション、見所などの話題。
<DAISO DD2000A+内蔵フェライトバーアンテナ>


 
・BBC World Service 2002/01/23 0003-0050JST  11820kHz[34333] アラビア語
 ニュースでは、シリア,国連のアナン事務総長,アフガニスタン、インドのカルカッタでのアメリカ関連施設への攻撃,ジンバブエ情勢などについて伝えた。 0010にHuna LondonとID。その後はスーダンに関する時事解説。0015からは特派員報告を交えた報道番組で、エジプト、ヨルダンなどについて、ロシアについて など。0025にHuna London BBCとID。アラビア歌曲が流れたあと、再びID。0032からは英語講座BBC English social lifeに関する話題を教材にしての講座。0047にIDが出たあと、アラビア歌曲。
 <SONY ICF-2010+SONY AN-1>



・Radio Vlaanderen International(ベルギー)   2001/01/24   2029-2110JST   9865kHz[54444]  英語、オランダ語
ニュースでは、イスラエルのシャロン首相のベルギーの裁判所での裁判問題、ベルギー在住ブルガリア人が非人道的な環境の中で生活させられてきた問題などに ついて。2034からのBeigium Todayでは、経営破綻したサベナ航空に変わる新しいベルギーの航空会社について。その後はPress Reviewで、ベルギーの経済指標やインドのミサイル実験に関する解説の紹介。2048のAround Timeでは、ナンバープレートの新しい規定について。CD of the Weekでベルギーのヒット曲が流されて、英語放送は終了。2100からはオランダ語放送でニュースではレバノンでの爆弾での暗殺事件などについて伝えて いた。
<SONY ICF-2010+SONY AN-1>


 
・CBC-Quebec Northern Service 2002/01/21 1415-1507JST 9625KHz [35333] 英語
女性アナ担当の少し古めのポップス中心の音楽番組のあと1500から「CBC News」となり、今日から東京で始まった「アフガン復興支援会議」につい て伝え、小泉首相の挨拶部分が紹介されていた。1505、男声によって“Canadian Broadcasting Corp・・・・.”とIDが出て確認。カナダ国歌(RCIのISの曲)のあと1506にSign off。若干のフェーディングとノイズがあったが混信 は無く良好に受信できる。
<AOR AR7030+RF Systems EMF>(投稿分)


 
・CKZU 2002/01/22 1857-1910JST 6160KHz [34343]  英語
男女アナのトーク番組のあと、1900から「CBC News」となった。1907、ニュースのあとに“Radio One.”と出た。以上のことから同 局に間違いないと思われる。このあと再びトーク番組。出力は0.5kwだが良好に受信できる。2000にVOAの中国語が出てくるまで良好に聞ける。
<AOR AR7030+RF Systems EMF>(投稿分)


 
受信レポートの一覧に戻る

No.150(2002年3月号)の受信レポート
No.148の受信レポート








100MB無料ホームページ可愛いサーバロリポップClick Here!