受信レポート



・Voice International(オーストラリア) 2002/05/28 1914-2005JST   15365kHz[43433] インドネシア語
15360kHzのBBC World Serviceの混信。ポピュラー音楽のあと、Suara InternasionalとID。1915にStarshipのNothing Gonna Stop Us Nowにコード進行が類似したインドネシアのポピュラー音楽。1920にID。その後ポピュラー音楽が1曲流れた。1924に周波数のアナウンス。その後 マイクロソフトオフィスの話題。番組案内。IDのあとポピュラー音楽。1931にID、その後はポピュラー音楽(ラップ)が流れたあと、周波数とアドレス のアナウンス。その後はカントリーミュージック調の英語曲が流れた。IDのあと、ポピュラー音楽。1948からはHot25 Count Downなどの番組案内。その後は、男性アナウンサーによるキリスト教の説教。2001に手紙の宛先のアナウンス。
<SONY ICF-2010+SONY AN-1>



・MBC浦項FM(蔚珍局)   2002/06/03  1848-1922JST 94.9MHz[45444] 韓国語
 EMIのラブバラード、ソニーミュージックのワールドカップ記念アルバム,大宇グランドマスター,エンジンオイル,現代マルチメディアAVシステム,ユ ニバーサルミュージックなどのコマーシャル。1851からは、男性DJによるトーク&音楽番組でデジタルmp3プレーヤの話題、ユニバーサル・ミュージッ ク・マスター・エディションの話題。ルイ・ア−ムストロング,サラ・ボーンなどの話題。アルバムから「イパネマの少女」が流された。1857からに Pohang MBC, MBC FMとIDのあとはCM。1859にPohang Munhwa FM Pangsong ImnidaとID。1859インテルペンティアム4プロセッサー内蔵マジックステーションの時報。MBC FM for youとSJ。男性ボーカルのポピュラー音楽。男性DJのトーク。1906からはランドローバー,ストリームシアター,サムソンなどのCM。その後、マル ク・アンソニー,エンリケ・イグレシアスなどの話題のあと、欧米のポピュラー音楽(男性ボーカル)が1曲流された。1915からは、マーク・アンソニーと いう歌手の紹介でプエルトリコ出身で本名はマルコ・アントニオでそれを英語風にマーク・アンソニーと表記したと言ったようなことや、アルバムのアップテン ポの曲の話題など。1917に「I've Get You/マーク・アンソニー」が流されたあと、引き続きミディアムテンポの曲の話題。
 トロッポによる受信。WRTHによると浦項局の蔚珍支局からの送信。日本のFM局と同様にDJが英語を多用するので内容の判別は意外に容易。
<SONY ICF-2010+10m長ワイヤーアンテナ/ 鳥取>



・中国国際放送 2002/06/16  2212-2220JST  1323kHz[43443] ロシア語
1332kHzの東海ラジオの混信。国際テロについての会議、アフリカ諸国などについての解説。2214からは太平洋地域の話題で東チモールについて。
<DAISO DD2000-A+内蔵バーアンテナ>



・Radio Japan 2002/06/05 1929-1937JST 11740kHz[43443] ビルマ語
 11735kHzのVoice of Koreaの混信。ISの後、Tokyo...Radio Japan...NHK WorldとID。周波数アナウンス。1931からはニュースで川口外相のインドパキスタン首脳との会談,アメリカのラムズフェルド国防長官とロシアの プーチン大統領のカシミール紛争を巡ってインドのバジパイ首相とパキスタンのムシャラフ大統領への働きかけなどについて。1935からは解説で福田官房長 官の核武装問題に関する発言について。
<SONY ICF-2010+SONY AN-1>



・KNLS(アラスカ) 2002/06/16  1807-1721JST 11765kHz [44433] 英語
 開始アナウンス、番組案内の後、アメリカ経済についての話題。ハリウッド映画についての話題。カリフォルニア大学の遺伝子研究についての話 題。聖書通信講座の案内の後、ポピュラー音楽が1曲流された。ニュースレターの案内の後、アラスカの国立公園の話題。
<SONY ICF-2010+SONY AN-1>



・チョソンの声 2002/06/27  1830-1856JST  7580kHz[54444] 日本語
『偉大な金正日総書記の名言とエピソード』では「軍隊を掌握していない党は威力を発揮することが出来ず、軍隊も党の指導無しには強力な戦闘部隊たり得な い」という名言を紹介し、「人民軍は党の指導に忠実に従うべきだ」ということや、「党の指導が軍隊の生命」であること、また「党と軍隊は一つの生命有機 体」であるとしたことなどを取りあげた。続いて、ポチョンボ電子楽団の演奏で「正日峰の雷」が流された。
「国際親善展覧館参観記」第31回では、シリアのハフェズ・アサド前大統領などから贈られた贈り物の紹介。
『帝国主義が滅亡し社会主義が勝利することは歴史的必然であることについて』と題した解説では、現代帝国主義の内部矛盾と、それに伴う社会主義の勝利の歴 史的必然性について。現代の発展した資本主義国は外見的には発展しているように見えるが、内実は物質生活の奇形化、人々の精神生活の貧困化,政治生活 における反動化など内部矛盾が深刻化していることなどの内部矛盾が深刻化しており、崩壊は必然であることなどについての解説。
『絶対に許せない殺人蛮行』と題した解説では南朝鮮駐留米軍の野蛮な殺人行為についての糾弾。
<SONY ICF-2010+SONY AN-1>



・Radio France Internationale 2002/06/20  0801-0819JST  15595kHz[44444] フランス語
 ニュースでは、不法移民の問題,パレスチナ・イスラエル情勢、アフガニスタンのロヤ・ジルガなどについて。0810からは移民、難民問題についての解 説。0815からはフィガロなど新聞各紙の論調の紹介。
<SONY ICF-2010+SONY AN-1>



・Radio Japan  2002/06/27  1928-1959JST  11740kHz[43433] ビルマ語
 IS,1930にID TOKYO NHK World, Radio Japan、周波数のアナウンスなど。1931からはニュースでG8,アフガニスタン,東京株式市況などについて。1941からは、横浜でのワールドカッ プ決勝戦関連の観客へのインタビューなど。1952からは日本語講座で「おいしいパンはどこで売っていますか?」「駅前のパン屋がいいですよ、有名な店で すよ」といった文章。1958に終了アナウンス。1959にSign off
<SONY ICF-2010+SONY AN-1>



・チョソンの声 2002/07/14  1926-1950JST  7580kHz[44444]  日本語
 はじめに、チョソン人民軍功労合唱団の新曲『労働党時代の天地開闢』の歌詞紹介の後演奏紹介。1930からは、「平和で自主的な新世界を建設するのは人 類の願いであること」についての解説で、帝国主義者の思想的文化的な公然とした侵略を粉砕し、非同盟諸国,新興諸国などの反帝自主勢力との連帯で、平和で 自主的な新世界を建設することについて。
「お便りの時間」では、チョソンの音楽についてなどの大阪市、松本市、千葉市、世田谷区、渋川市、宇部市などのリスナーの手紙の紹介。
「アメリカ帝国主義者は核犯罪の元凶」と題して、アメリカの広島長崎への原爆投下や、各種核実験での被害、また紛争での核兵器使用計画について糾弾し、世 界の進歩的人民はアメリカの核犯罪策動を断固粉砕するでしょうと結んだ。
<SONY ICF-2010+SONY AN-1>



・ラジオたんぱ 2002/07/09  1955-2100JST  6055kHz[44444] 日本語
『電気技術講座』電力の第43回。ソニーの4バンドポケットラジオと公共広告機構のCM。2000からは「日本経済新聞ニュース」田中長野県知事は今後の 対応についてダブル選挙は困難との考えを示し知事選挙の公算が強くなる,室蘭市の建設会社の家宅捜索,郵政関連法案は衆議院を与党などの賛成多数で可決, マクドナルドのハンバーガーが来月5日から59円に値下げ、ロンドン為替市場で1ドルは118円31銭から34銭。
2010からは『薬学の時間』でアセトアミノフェン中毒の解毒剤について。アセトアミノフェンは解熱剤や鎮痛剤などとして使用されるが大量に摂取すると肝 障害や腎障害を起こす。この解毒剤としてアセチルシステイン内容液を処方する。体重1キロあたり5%の希釈液0.8mlを投与する。
2024にBSC301で放送中のサプリメントアドバイザー講座の案内。2025からは『BSメディカル』で、BSCで放送中の医学関連番組の紹介。「こ れからのメンタルヘルス」「産婦人科アワー」「ドクターサロン」「歯科医の時間」「整形外科セミナー」「漢方製剤の知識」「杏林シンポジア」「感染症ア ワー」などについて。2039に日本経済新聞と公共広告機構のCM。2040からの「医学講座」では「末梢肝細胞移植について」
<SONY ICF-2010+SONY AN-1>



・Radio Austria International 2002/06/28 2008-2040JST 21780kHz[34433] ドイツ語,英語
 はじめはドイツ語放送で、Oesterreichjournalでは、アメリカ経済について,国際数学学会,オーストリアの言語政策などについて。 2025からはスポーツニュース。
2030からは英語放送で、ニュースでは経済専門家の減税を実施した場合のオーストリア経済の見通しについてなど。2033からのReport from Austriaでは、カトリック教会の聖職任命式の話題,2000年11月のザルツブルクケーブルカー事故の裁判,税制改革後の経済見通しなどについて。
<SONY ICF-2010+SONY AN-1>
 

・KBS京都 2002/07/01  0514-0520JST  1143kHz[34333] 日本語
 KBSカルチャーのシニアのためのパソコン教室のCM,「私たちの町を美しく」KBS京都からの提案です。0515からは『心のともしび』(カトリック 教会)今週のテーマは「今日を生きる」”明日のことを思い煩うな”と聖書にあるように今日を生きること。それはまた明日を大切にすることでもあるという 話。
<SONY ICF-2010+内蔵バーアンテナ>



・チョソンの声 2002/07/03  1703-1747JST  9650kHz[44444] 日本語
はじめに「金正日将軍の歌」(人民軍功労合唱団)が流れた。
ニュースでは、金日成主席の回顧録「世紀とともに」第1部抗日革命をロシアの新聞パトリオットが丸一年にわたって掲載したこと,金日成主席回顧ウガンダ委 員会が主席逝去8周年に際して会報を発行したこと,救国の声放送によると韓国民族民主戦線中央委員会が金日成主席逝去8周年に際して常務委員会拡大会議が 行われたのと関連して6月30日会報を発行したこと,6月25日アメリカ帝国主義反対闘争の日大衆大会が各市郡で行われたこと,南チョソンの新聞労働日報 が6月25日社説で「アメリカ先制攻撃論は危険な戦略」と載せたことなどについて。
『労働新聞論評ダイジェスト』では「平和を攪乱する火遊び」と題してリムパック2002軍事演習に対して非難していた。
『金日成略伝』第89回では1974年に非同盟運動参加と、1969年のマリでの金日成著作研究グループ発足をはじめとした世界でのチュチェ思想研究の動 きについて。
『気高い時代観』と題した話題では子供に対する政策についての紹介。
大マスゲーム芸術公演「アリラン」を見た外国人の印象談では「金正日総書記がいるのでチョソンの将来は明るい」との印象談。結局この種の談話は当局の意見 を外国人の口を通して言わせているに過ぎない。
『人民が呼ぶその名』を言う曲が流れた後は、『お便りの時間』で、中国吉林省に日本語教師として駐在している人と、京都府宇治市のリスナーの手紙の紹介。 リクエスト曲「私の国が一番だ」を訪朝した日本人が日本語で歌った版で流された。ただこの場合の「私の国」とは一体どこなのか若干疑問。
<SONY ICF-2010+SONY AN-1>


受信ログの一覧に戻る

No.154の受信レポート
No.152の受信レポート



以下広告





100MB無料ホームページ可愛いサーバロリポップClick Here!