中波(MW、一般的に言うAM)のみ受信できるラジオの活用

中波のみ受信できるラジオを活用して海外放送を聞いてみる方法についてです。

日本語放送の「ラジオ韓国」「中国国際放送(北京放送)」「チョソンの声(ピョンヤン放送)」
についてはあちこちで紹介されていますので日本語以外の放送を狙ってみます。


英語放送

1.FEBC(HLKX)韓国  1188kHz(ソウル近郊からの送信)
日本時間の2000-2100が英語放送です(0000-0100が中国語放送で、それ以外は韓国語 2100-0000JSTはVoice of Americaの中継)
日本語放送も行っているFEBC(HLAZ)の系列放送局で、番組は主にキリスト教関係の話になります。




韓国、朝鮮語放送

韓国、及び北朝鮮本国からの放送はたくさん聞こえていますので、ここではそれ以外の国からの国際放送を紹介します。

1.中国国際放送(China Radio International)
2100-2400 1017kHz(中国東北部の長春からの送信)

2.アメリカの声(Voice of America)
2100-2400 1188kHz(韓国中継)


3.自由アジア放送(Radio Free Asia)
0100-0300 1188kHz(韓国中継)


これらのうちでは日本語放送を行っていないVoice of AmericaやRadio Free Asiaの放送を聞いてみると良いのではないでしょうか。
独特のなまり(アメリカなまり)の韓国語を話すアナウンサーもいて、英語講座もあり、楽しめます。
アメリカからの朝鮮半島向けの放送は現地時間(日本時間と同じ)ではほとんど深夜の放送となりますが、
これは北朝鮮で当局に隠れて放送を聞くことを考慮したためです。



中国語放送
中国大陸からの放送が比較的多く受信できます。また、中国向けに放送している国際放送も受信できます。



KBS World Radio 韓國國際廣播電臺(韓国)
2200-2300  1170kHz
日本語放送が2000-2200に行われているので、その次の時間が中国語放送になります。
(その他の時間は北向けの韓国語放送)



受信機と受信についての一覧に戻る



以下広告





100MB無料ホームページ可愛いサーバロリポップClick Here!