現在日本で入手できる短波(国際放送局)が受信できるラジオ
2017年12月更新
2005〜2017年 更新前の旧ページのリンク

ラジオNIKKEI(ラジオたんぱ)専用ラジオについ てはここを参照



2018年2月で、
下記のSONY ICF-SW7600GR, ICF-SW35の2機種とも、在庫のみの販売。
事実上これで、日本メーカー製の海外放送、国際放送受信向け短波ラジオは無くなります。

SONY製品

ICF-SW7600GR
希望小売価格42,000円(税抜価格40,000円) 実売価格は30,000〜37,000円
いわゆる(7600リーズ)の最新機
価格と性能などから最初に買うラジオとしてはもっともおすすめ、これ以上だと持て余す可能性があり、これ以下の機種だと不満が出る可能性が高い。


ICF-SW35
希望小売価格20,790円(税抜価格19,800円) 実売価格は15,000〜18,000円
SONY製の周波数を数字で読みとるラジオでは最廉価。
テンキーによるダイレクト選局が出来ないなどのデメリット有り。
それほど大きくもないので、たまに海外旅行に行くときにNHKワールドを聞くためのラジオとして買うには向いている。
あるいは初心者で予算が少ない場合のとりあえずの一台。
最近は同じような値段で機能が優れた中国メーカーのラジオもあるが、日本メーカーのブランドとどっちを選ぶか。


既に国内メーカーで短波ラジオを発売しているのはSONYのみといって良い状態で、
しかも10年程度モデルチェンジしていないモデルさえ有ります。
2000年以降は完全な新機種も少なく、旧型のマイナーチェンジ程度の変更で、従来からあった機種もモデル廃止があり、発売短波ラジオの機種はど んどん減っています。
2010年代以降は、主要先進国の短波による国際放送も紛争地域(アフガニスタンなど)や独裁国(北朝鮮など)を対象とした放送を除いて廃止や縮 小が相次いでいるため、
2017年現在日本メーカーで海外短波放送が受信できるラジオは実質2機種だけになっています。


短波ラジオ、各種受信機についてに戻る







100MB無料ホームページ可愛いサーバロリポップClick Here!